口内炎や舌炎ができる原因

私がこのサイトを立ち上げた理由

私は父親に似て子供の頃から口内炎や舌炎が本当にできやすい体質で、それこそもう10年以上も口内炎や舌炎の辛い痛みと付き合ってきました。

 

口内炎や舌炎ができた時って、本当にイライラするし痛いし死にたくなりますよね・・・?

 

私は酷い時だと口の中に3つ同時に口内炎ができて、まともに話をするのも難しいくらいの痛みも何度か経験しました。口内炎が痛くて薬局の薬を買ってもどれも全く効き目はありませんし、歯医者や咽喉科に行っても無駄でした。また、口内炎や舌炎に本当に効果的な治療方法や素早く効く薬は、ネットなどのどこを探しても載っていませんでした。

 

そのような経験を踏まえ、このサイトでは私がようやく発見した、「つらい口内炎や舌炎を少しでも早く改善する方法」や、そもそも「口内炎や舌炎にならないための方法」をご紹介したいと思いこのサイトを立ち上げました。

 

あなたが口内炎や舌炎とサヨナラするための参考になれば幸いです。

 

口内炎舌炎ができる原因は、まず1つは「胃が弱っている」ことです。

 

口内炎や舌炎は、胃に負担がかかっているから体が口の中に炎症をおこさせて口内炎を作り、痛みで食べ物を食べづらくさせ、弱っている胃に食べ物を入れさせないようにしているサインなのです。

 

自覚はあまりないかもしれませんが、口内炎や舌炎ができるという事は何かしらの理由でとにかく胃が弱っている筈なので、口内炎の早急な改善のためには食事はとにかく消化の良いメニューにし、よくかまなければなりません。

 

そして原因の2つ目は「ビタミンやミネラルの不足」です。

 

バランスの偏った食事をしているとビタミンやミネラルが不足し、胃の粘膜が炎症します。バランスの悪い食事をこれ以上取らせないようにと、口の中に口内炎を作り、体の方から危険信号を送ってくれるのです。

 

繰り返しますが、口内炎の症状を少しでも早く治療するためには胃に負担をかけないようにする必要があり、そのためにもまずはよくかんで食事をしなければなりません。口内炎が大きくて痛いほど、なるべく口の中で食べ物をかまずに飲み込んでしまいがちですが、そうするとますます胃に負担をかけてしまう事になり、口内炎や舌炎の症状改善とは逆行動になってしまいます。

 

口内炎ができている時は胃に負担をかけてはいけないので、おかゆやヨーグルとなどのあまりかまなくてもよい食事メニューを考えてとるべきです。ビタミンやミネラルを豊富に含んだ野菜を採る事も重要です。ただ、胃が休めというサインを送っている以上、無理して食事をとる必要はありません。

 

つまり、口内炎の原因は胃が荒れているという事と、ビタミンやミネラル不足の2つです。

 

痛い以上は無理して食事をする必要はありませんし、食事をする場合は絶対にかまずに飲み込むような事をせず、ビタミンやミネラルを含んだ栄養価の高い食事を、なるべく飲み込まないようにしながら、よくかんで摂取するようにしましょう。

 

ですが、口内炎や舌炎ができる原因が分かったところで、それで痛い口内炎や舌炎が治るわけではありませんし、痛みで苦しんでいる方は少しでも早く症状を改善する方法を知りたいはずです。

口内炎に素早く効く5つの治療方法

口内炎には飲み薬や塗り薬、貼り薬などが様々な薬が発売されています。ですが、そのどれもほとんど効果がありません。さらに私の場合は、歯医者さんに行っても咽喉科などの病院に行って処方された薬でも、効果のあった薬は皆無でした。舌炎も同じです。

 

結論としては、“口内炎ができた時に治療する薬”というものは存在しません!

 

できる事は、
●「口内炎や舌炎を少しでも早く治す事」
●「口内炎や舌炎がそもそもできないように体質改善する事」
の2つです。

 

だからこそ、「口内炎ができた…」と思ったらそこから10日か2週間くらいは痛みとの格闘を決意したものです(笑)ずっとイライラするし、痛いし、気分はもう最悪ですよね。

 

ですが、福辻先生の口内炎スピード改善プログラムを試すようになってからは、口内炎や舌炎になる事もウソのようになくなりましたし、「もっと早く知りたかった」というのが今の本音なので、そのぶん、いつも口内炎や舌炎で苦しんでいる人達には、本当に効果のある口内炎の治療方法とか、素早く口内炎を治す改善方法を知っておいた方が絶対にいいと思っています。

 

福辻先生に教えて貰った口内炎の2つの原因は先ほど紹介しましたので、ここでは口内炎に素早く効く5つの治療方法を簡単に紹介しようと思います。詳しく知りたい場合は、ページ最下部にある口内炎スピード改善プログラムを参考にして下さい。

 

 

口内炎や舌炎に素早く効く5つの治し方

※これをやれば口内炎や舌炎がすっと治りますよという魔法ではありません。あくまでも症状を少しでも軽くするための治療法だと思って下さい。繰り返しますが、口内炎や舌炎が一回できてしまったらそれを治す薬はありませんからね。

 

スイカの皮の黒焼き

スイカは季節ものなのでスイカが出回る夏しかこの治療方法は使えないのですが、スイカの皮を使った口内炎、舌炎の治療方法があります。スイカの皮を焼いて、患部に塗ります。スイカが良いのであれば他のウリ系の植物なら大丈夫なのでしょうかね。

 

昆布の黒焼き

昆布の黒焼きを口内炎に直接塗りつけて治す方法です。昆布をフライパンなどで黒くなるまで焼き、それをすりつぶして粉末状にしたものを治療に使います。

 

びわの葉

びわの葉を使ったお茶でうがいをする方法です。うがいを単純にするよりも、5分以上お茶を口の中に含んでおく方が、口内炎の治療には効果があるようです。緑茶よりもびわの葉のお茶が効果的です。

 

納豆

口内炎の原因は胃の粘膜が荒れている事だとは言いましたが、納豆は胃の粘膜の炎症を抑える効果があります。ちなみに附属のタレとからしはつけない方が良いらしく、普段から納豆を食べておくと口内炎や舌炎の予防にもなるそうです。

 

マヌカ蜂蜜

食後や就寝前に、このマヌカ蜂蜜を口内炎に塗るという治し方です。マヌカ蜂蜜は通常の蜂蜜に比べて、バクテリアに対しての影響力が2倍〜8倍の力を持っているらしく、口内炎の傷の感染の治療に良いそうです。少し大きめのスーパーでは売っているのを見かけます。

口内炎の究極の治し方は、口内炎に二度とならない体質になる事!


※以前、口内炎や舌炎が頻繁にできていた頃の舌炎です。

 

口内炎が頻繁にできる方であれば十分にお分かりだと思いますが、口内炎の治療は“口内炎ができてから”ではもはや手遅れなのです。少なくとも1週間は痛みと格闘する事になりますし、どれだけ素早く効く治療薬や有効な治し方が仮にあったとしても、治るまでの期間は痛みで苦しまなければならないのです。

 

私はもう、あの痛みは二度と経験したくありません。

 

大切な仕事やデートなどの日に大きな口内炎や舌炎ができた日なんか、それだけでテンションも体調もガタ落ちですからね・・・

 

根本的な口内炎の治し方は口内炎に二度とならない体質にする以外にありません!

 

長年、口内炎や舌炎に苦しめられてきた方からすれば、そんな事は不可能だと思っていましたがそんな事はありませんでした。実際に福辻先生のおかげで私も今は口内炎ができない体質になりましたし、口内炎でしょっちゅう苦しんでいる方がたくさんいる一方で、口内炎ができた事がないという方も周りにたくさんいる事でしょう。

 

実際に私の妻に聞いても今までの人生で口内炎や舌炎がができた事がないらしく、ずっと苦しんできた私とのこの「差」は一体何なんでしょうね?(笑)

 

先生いわく、要するに口内炎や舌炎ができるかどうかは体質や食事、口内環境次第だそうです。口内炎で苦しい思いをしないためには、根本的に体質や口内環境を変えてしまう事が一番効果的な治療法と言えるのです。

 

これから先の人生、まだまだ長いと思いますから、あの酷い口内炎の痛みで苦しまないように、今のうちに口内炎や舌炎ができない体質に変えておくことを強くオススメします。

 

口内炎や舌炎の治し方は、下記の福辻先生の治療方法を実践して下さい。

 

本屋で探しても口内炎や舌炎の治し方を説明した本はなかったですけど、これがあれば大丈夫です!

 

まあ100人の人に効果があるかどうかは私もわかりませんが、きっとほとんどの人には大きな効果があると思います^^

 

口内炎治療

 

口内炎治療

 

>>口内炎スピード改善プログラム 公式サイト<<